« 拉致問題の早期解決を望む | トップページ | 『心眼力 柔らかく燃えて生きる30の智恵』 »

『ジャッジⅡ』

15日放送の「ジャッジⅡ」、昨夜 夫にストーリーを話しながら泣いてしまった。

三沢判事補の判決は、過去の判例を覆すものであり、胸を打つ判決だった。

これまで裁判所が示してきた法律的判断に一石を投じるものだった。

真の裁判官の姿を見たような気がした。

頭が下がった。

日本国憲法第14条1項

「すべての国民は、法の下に平等であって、人種、信条、性別、社会的身分

又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。」

法の下の平等ということについて、考えさせられる内容だった。

三沢判事補のような先輩と巡り会えたなら、それは人生における大きな財産であろうと思う。

|

« 拉致問題の早期解決を望む | トップページ | 『心眼力 柔らかく燃えて生きる30の智恵』 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『ジャッジⅡ』:

« 拉致問題の早期解決を望む | トップページ | 『心眼力 柔らかく燃えて生きる30の智恵』 »